社団法人伊丹市医師会准看護高等専修学校
HOME学校のご案内カリキュラム年間行事アクセス募集要項お問い合せ資料請求

カリキュラム
トップ基礎科目専門基礎専門科目

専門基礎科目 平成29年度…385時間
目 的
医学、生物学領域の知識を通して、全ての人間を正しく正確にみる基礎能力を養い、人格を尊重し健康の保持増進や生活を支えるための看護とそのしくみを習得する。
目 標
(1) 正常な人体のしくみ(身体の構造・解剖)とはたらき(機能・生理)、およびそれらが異常をきたした場合(疾患)、異常の起こり方や原因(病態生理)、あるいは疾患からの回復を促進する方法(治療)が理解できる。
(2) 倫理や心理に関する知識、保健医療のしくみや看護に関係する法律など、専門基礎知識を土台とし、心に健康問題をかかえている人間の状態や心理が理解できる。
科目名 時間 科目目標 教育内容
人体のしくみ
とはたらき
105 看護の対象である人間の身体を理解し、正常な人体のからだのしくみとその機能が理解できる。 1.(総論1)人体の構造
2.(総論2)細胞からみた人体
3.骨格系 
4.筋系 
5.神経系 
6.感覚系 
7.血液系 
8.生体防御系 
9.循環系
10.呼吸系 
11.消化・吸収系
12.内分泌系 
13.腎尿路系 
14.生殖系
食生活と栄養 35 基本的な栄養素の種類とはたらき、病院食・栄養食事療法など、栄養に関する知識を幅広く学び、治療の一環ともされる食生活と栄養について理解できる。 1.食生活・栄養と看護
2.栄養素の種類とはたらき
3.栄養素の消化・吸収・代謝
4.エネルギーの摂取と消費
5.病院食 
6.栄養食事療法
7.特殊栄養法 
8.日本人の食事摂取基準
薬物と看護 35 薬物の種類や特性、身体に及ぼす影響や作用、各治療薬の取扱いについて学び、疾病の回復に必要な薬物と看護について理解できる。 1.薬物に関する基礎知識
2.抗感染症薬
3.抗悪性腫瘍薬・免疫抑制薬
4.末梢神経系に作用する薬物
5.中枢神経系に作用する薬物
6.抗アレルギー薬・抗炎症薬
  解熱鎮痛薬・痛風治療薬
7.心臓・血管・血液系に作用する薬物
8.呼吸器・消化器系に作用する薬物
9.泌尿器・生殖器系に作用する薬物
10.物質代謝に作用する薬物
11.外用薬・生物学的製剤
12.薬物中毒とその処置
13.漢方薬 
14.消毒薬
疾病のなりたち 70 病変発生の一般的なしくみから、各器官系統のおもな疾病のなりたち(病態生理)・診断・治療について理解できる。  
1.疾病のなりたちと病理学
2.疾病のなりたち−基本的病変
3.おもな疾病のなりたち
臨床検査 患者がどのような病気にかかっているかを判断し、病状の把握に役立つ検査について理解できる。 1.臨床検査と看護
2.臨床検査とその介助方法
感染と予防 35 微生物と感染の関係、対処法について学び、疾病のなりたちと微生物の関係が理解できる。 1.微生物の基礎知識 
2.細菌 
3.ウイルス 
4.真箘 
5.原虫類
看護と倫理 35 生命倫理学の基本的な考え方について学び、准看護師として必要な倫理的態度を養い、良識のある判断に基づいた看護が理解できる。 1.看護職者と倫理
2.医療をめぐる倫理
3.看護実践における倫理的問題
患者の心理 35 人間の内面や欲求、心の動きや状態について学び、患者や家族の心理を理解するとともに、看護者自身の健康維持の大切さについても理解できる。 1.保健医療場面での心理
2.対象別にみた患者の心理
3.患者の心理を理解するための基礎
保健医療
福祉のしくみ
15 保健・医療・社会保障のしくみついて学び、健康を守り生活を支えるための対策や保健活動について理解できる。
1.健康と保健・医療・福祉
2.公衆衛生と保健のしくみ
3.医療のしくみ
4.社会保障と福祉のしくみ
看護と法律 20 保健師助産師看護師法を中心に看護の活動に関連する法規の概要が理解できる。 1.看護関係の法律を学ぶにあたって
2.看護職のための法
3.医事法 
4.保健衛生法
5.薬務法 
6.環境衛生法・環境法
7.社会保険法
8.福祉・生活・社会基盤に関する法律
施設イメージ 一般社団法人 伊丹市医師会准看護高等専修学校
〒664-0898 伊丹市千僧1丁目1番地
Tel.072-773-0947 Fax.072-773-1055 E-mail.itajyunkan@itami-med.or.jp

(C)Copyright(1998)伊丹市医師会准看護高等専修学校 All rights reserved.