会長あいさつ

 伊丹市医師会会長の常岡豊でございます。一言ご挨拶申し上げます。
 伊丹市医師会は市民の皆様の健康を守り、地域医療の充実、福祉の向上を図ることを目的としています。伊丹市医師会は昭和22年に社団法人として設立され、平成23年10月に一般社団法人に移行しました。現在の会員数は306名で、約160医療機関(病院9、有床診療所6、無床診療所141、その他4)がそれぞれ地域の医療に責任をもって活動しています。
 伊丹市は人口約19万7000人で、他地域に比べ高齢者数はやや少なく、若年層の人口が比較的多くなっています。このような地域の特徴の中、伊丹市医師会は各医療機関における個別の医療活動以外に若年者層、高齢者層に対するものを含め多くの保健医療活動を行っています。
 地域医療事業としては、乳幼児健診、予防接種事業、特定健診、がん検診などがあります。救急医療体制としては、休日・夜間(準夜帯)応急診療所の運営、平成20年からは阪神北広域こども急病センターの運営にも関わっています。そして学校保健事業として、各幼稚園・学校における園医・校医としての健康管理、定期健診、学校保健会における活動などを行っています。更に、伊丹市医師会独自の取り組みとして准看護高等専修学校を運営し、准看護師養成に取り組んでいます。そして兵庫県医師会からの委託で兵庫県伊丹地域産業保健センターを伊丹市・川西市・三田市・川辺郡・篠山市で運営し、50名以下の小規模事業所の健康相談などの産業保健活動を行っています。また、災害・事故対策として、伊丹市の総合防災訓練、大阪国際空港における航空機事故対策訓練にも毎回参加し、緊急災害発生に備えています。更に、急速に進む高齢化に備え、医療・介護・福祉の連携を目的とした「伊丹市の地域包括ケアを進める会」の運営に関して主導的役割を果たしています。このほか、行政に対しても、各種審議会、協議会、審査会などに医師会員を派遣し、積極的提言を行っております。特に、認知症に関しては行政、地域包括支援センターなどと協力し、より良い連携を図っています。
 今後とも、以上のような諸事業を通して、市民の皆様方が安心、安全に生活できるように行政、市立伊丹病院、近畿中央病院、民間病院協会、多職種と連携をとりながら、医療環境を整備し「信頼される医師会」として活動して参る所存でございます。市民の皆様方には、今後ともご理解、ご協力を賜りますよう宜しくお願いいたします。

概要

 
名称
 
一般社団法人 伊丹市医師会
所在地
〒664-0898 伊丹市千僧1-1 [アクセスマップ]
 
電話番号
 
072-775-1114
 
FAX
 
072-775-1116
 
設立年月日
 
昭和22年
 
会員数
 
306名

シンボルマークのご案内

  
 
PAGETOP
 〒664-0898 伊丹市千僧1-1
 Tel.072-775-1114
 Fax.072-775-1116